2/25/2008

WordとJTrimを使ったデジタルスクラップブッキング-2

では、Wordでレイアウト編です。
その1はこちらからご覧ください。

*画像をクリックすると別windowが開き、大きくなります

1.
ファイル→ ページ設定→ 用紙サイズ:ハガキ、横向き、余白を0に設定


2.
図形描画ツールバーの図の挿入→ 土台用のブルーの用紙を挿入




挿入された図をクリック
図ツールバーのテキストの折り返し→ 背面

少し白い余白が見えていたら、Ctrlキーを押しながら
矢印キーを押して位置を微調整します。



3.
図形描画ツールバーのオートシェイプ→ 基本図形→ 
ハートをクリック

ハガキの上にマウスを持ってきて、ハートを描画




出来たハートの上でダブルクリック→ オートシェイプの書式設定windowが出ます。

サイズタブ→ 高さと幅をとりあえず60mmにします→ OK
ハートが選択されている状態で、図形描画ツールバーの線の色→ 線なし


Ctrlキーを押しながらハートを右にドラッグします。

ハートのコピーが出来ましたか?





4.
右側のハートが選択されている状態で、
塗りつぶしの色→ 塗りつぶし効果→ 図形
図の選択をクリックし、カットしておいた写真を選択

5.
左側のハートをクリック、
塗りつぶしの色→ 塗りつぶし効果→ 図形
図の選択をクリックし、カットしておいた水玉用紙を選択



6.
水玉ハートには影をつけます。
図形描画ツールバーの影付きスタイル→ 
影スタイル6(図の右下に影が付きます)

さらに影の調整をクリック、
色はブルーグレーで半透明にし、影の位置を微調整。


7.水玉ハートの大きさを拡大します。
角にある白丸の上にマウスを持ってきて、Shiftキーを押しながらドラッグし、拡大します。

8.
2つのハートを重ね、位置を調整。
まず水玉のハートをクリック、Shiftキーを押しながら、
写真のハートをクリック→ 
図形の調整→ 配置/整列→ 左右中央揃え
同じく→ 上下中央揃え 

2つのハートがきれいに重なりましたか?

さらにグループ化します。
これでひとつの図形になりました。



長っ

とりあえず「名前をつけて保存」して下さい。
その-3へつづく…

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。